« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

大粒の雨は

外は嵐だ。
僕らは吹き飛ばされないようにしがみつくしかない。

それともこの風にのればどこかに行けるのだろうか。

自分の闇をここでは見せるべきではない。それはあまり意味のないことだ。
できる限りニュートラルに触れていたい。
自分自身のために、作品たちのために、僕達を好きでいてくれる人のために。

でも、少しだけ許してほしい。

黙り込んでしまうのは私のよくない所だ。
言葉にするのに時間がかかりすぎるのも。

 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »